女の人

流行りのピアノレッスンを受講しよう|美しい音色を奏でる

福祉系の資格

男女

社会に役立つ資格とは

日本は年々少子高齢化や核家族化が進んでいるため、これから社会に役立つ資格を考えている人には福祉系の資格を取得することで就職先の幅が広がってくることが考えられます。福祉系の資格には介護福祉士や社会福祉士、精神保健福祉士など色々ありますが、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っていると高齢者や障害者だけでなく、子供や低所得者などの相談業務も行うことができるようになります。これらの資格は国家資格なので、養成機関で決められた授業を受けて国家試験を受けることが必要ですが、現在では全国各地に養成機関があります。たとえば新潟にも国立大学と私立大学の他、専門学校もいくつかあります。新潟の場合は郊外の学校を選ぶと車での通学ができるところもあります。

資格を得る際の注意点

社会福祉士の国家試験を受験するためには受験資格を満たしていることが必要です。4年制の福祉系大学や専門学校を卒業した人は要件を満たしているのでそのまま受験することができますが、2年制や3年制を卒業した人の場合は一定期間の相談援助業務の経験が必要などと細かく規定されているので、事前によく確認することが大事になります。新潟県内には通信制の専門学校もあり、働きながら社会福祉士の資格取得を目指すこともできますが、学校に入学するにもいくつかの入学資格があります。現在では新潟県をはじめ、全国の学校にスクールソーシャルワーカーの配置が求められていますが、スクールソーシャルワーカーの仕事をするにも社会福祉士や精神保健福祉士の資格が必要とされています。